研究員の紹介

2020年4月より、金沢大学 慢性・終末期看護技術学分野の責任者となりました。
前任の稲垣美智子教授の「看護」を引き継ぎ、教育・研究・社会貢献に努めていく所存です。
私たちの研究室では、病む人たちの声を丁寧に聴くことをとおして、“ひと”を大切にすることを学びます。また、そのことをとおして、”健康障害を持つということ“がどういうことなのかを分かり、患者さんと家族の立場から感じ・考える看護師としての姿勢を育みます。私たちは、研究者としての学びが看護ケア提供者としての感性を磨くことに繋がると信じ、日々、精進してまいります。
また本教室には、小児糖尿病サマーキャンプおよび糖尿病看護ケア研究会の拠点を置いており、今後も看護ケアおよび看護を学ぶ基地として、多くの方々との繋がりを大切にしていきたいと考えています。
教授 多崎 恵子 (たさき けいこ) Email :kei59@mhs.mp.kanazawa-u.ac.jp

臨床実践看護学講座慢性看護技術学分野

※表の内容が見切れている時は左右にスワイプしてください。

役職 名前 (ふりがな) 研究分野・一言コメント
教授 藤野 陽 (ふじの のぼる)
研究分野:遺伝性心血管疾患の遺伝学的検査と臨床病態の解明
コメント:循環器専門医・総合内科専門医として、遺伝性心血管疾患を含めて、糖尿病の診断・治療も行っています。
Email :nfujino@mhs.mp.kanazawa-u.ac.jp
准教授 堀口 智美 (ほりぐち ともみ)
研究分野:糖尿病患者の家族サポートの活用
コメント:糖尿病患者さんが家族と共に歩めるような看護を提供できるように研究を進めていきたいと思っています。
E-mail :horiguchi@mhs.mp.kanazawa-u.ac.jp
助教 浅田 優也 (あさだ ゆうや)
研究分野:男性糖尿病患者の運動療法と体認識の関連について
コメント:男性糖尿病患者の「糖尿病である体認識」が運動療法に与える影響について研究しています。実施・継続が難しいとされる運動療法について研究を続けていきたいと考えています。
E-mail :y-asada@staff.kanazawa-u.ac.jp

2022年度 所属院生(所属時昇順)

※表の内容が見切れている時は左右にスワイプしてください。

課程 名前 (ふりがな) 研究分野・一言コメント
博士後期 磯見 智恵 (いそみ ちえ) 研究分野:がん看護
コメント:頑張ります
博士後期 八田 理恵 (はった りえ) 研究分野:頭頸部がん
コメント:がんと診断されても、希望をもって生活出来るように支援してきたいです。そのために研究を継続していきます。
博士後期 宮西 紗矢佳 (みやにし さやか) 研究分野:看護教育
コメント:社会人入学で両立にむけ不安も多いですが、学びを深め、臨床に生かしていきたいです。
博士前期 小島由乃 (こじま ゆうの) 研究分野:がん看護、家族
コメント:がんとともに生きる患者や家族へのより良い支援を見出すことを目指して、研究頑張ります!よろしくお願いします。

 

修了生のことば

大橋 佳代(2018年博士前期課程修了、2021年博士後期課程修了)
私は、看護をより深く学びたいという思いから大学修了後そのまま大学院に進学しました。大学院では研究活動を通して物事を多角的にとらえ、論理的・客観的に理解する思考能力や他者に自分自身の考えを明確に伝える技術を身に着けることができました。また、看護理論の授業や研究室の先生方の専門的知見に基づいた授業から、看護の対象となる患者さんの全体像を捉える力、アートとしての看護技術を学部生の時以上に学ぶことができました。こうした学びから、看護の奥深さと素晴らしさを改めて感じることができました。また、同期・先輩・後輩にも恵まれ、よりよい看護を追求するためにみんなで切磋琢磨してとても有意義な時間を過ごすことができました。
 臨床現場で働いていた時や今大学教員として学生と関わる中で困難に感じることが多々ありますが、その時に支えとなっているのは、この研究室で培った看護観や尊敬する先生方のお言葉、研究室で過ごした思い出、そしてともに学んだ仲間です。
 私は昨年大学院を修了しましたが、先生方や研究室の仲間との繋がりは継続しており、質の高い看護の提供や看護学の発展のためにできることを日々検討しています。
今後も新たな仲間が増え、看護全体がよりよくなっていくことがとても楽しみです。
北川 麻衣(2019年度博士前期課程修了、2021年度博士後期課程修了)
慢性看護研究室は、「患者・家族の希望となる研究をしたい」、「臨床での疑問を解決したい」、「大学院で勉強したい」といった思いを持つ方にはぴったりの場所です。私自身、この思いを胸に抱き、先生方からのご教授を受けたい一心で大学院への進学を決意しました。慢性看護研究室の先生方は、院生の関心を尊重しながら研究者としての姿勢を教えてくださいます。そして、院生も看護に対する熱い志をもつ方ばかりです。ゼミでは、先生方と院生の多角的な視点での意見交換が行われ、とても良い刺激となります。稲垣名誉教授の“研究は患者・家族の夢”という言葉は、私の研究者としての礎となっています。慢性看護研究室は、研究者としての力はもちろんのこと、「看護」を担う者としての姿勢を育ててくれる場所です。

歴代教授

稲垣 美智子
現在:金沢大学名誉教授

研究室 所在地

〒920-0942
金沢市小立野5-11-80
金沢大学 鶴間キャンパス(保健学科)

google map

Tel : 076-265-2500 (代)
Fax : 076-234-4351 (代)

ホームページ管理者:堀口 智美
研究室責任者:多崎 恵子